”THE LIONs DANCE TONIGHT!"

ファンキーフラミンゴで例会開催!2020/2/5

 

6月に宮古で開催される沖縄リジョン大会の2次会会場の下見を兼ね、2月第1例会は、オールディーズのライブステージが楽しめるファンキーフラミンゴで開催しました!

 

楽しく飲んで、熱く語って、無邪気に踊る・・・

ダンスフロアは40代~80代のファンキーライオンでいっぱいに!

 

汗をかいて子どものように踊りながら、ライオンさん達の脳裏には、6月に島外から訪れる仲間たちを楽しませる青写真がくっきり描けたファンキーフラミンゴナイトでした!



レオクラブが『エコの島大賞』受賞!!!

2020/2/2

4月正式発足に向けて活動を開始している「レオクラブ」が、宮古島市主催の「エコの島コンテスト」に出場。環境問題、食糧問題など、世界が共に解決しようとする課題SDGsを意識した取り組みが評価され、『エコの島大賞』『青少年SDGs実践賞』を受賞しました!!!

 

子ども達は、マイクをタスキのようにつなぎながら、映像と共に活動内容を発表。 宮古島を、世界をもっと美しい場所にするために行っている自分たちの活動の様子を集まった聴衆に説明しました。

 

大賞発表の瞬間、子ども達は歓声をあげて大喜び! プレゼンターからは賞状・副賞と共に「子ども達がSDGsについて学び行動する姿に感動した」という言葉が贈られました。

おめでとう!レオクラブ!



↑レオクラブはこんな活動をします!↑

ボランティア活動のほか、BBQやキャンプ、
沖縄本島や本土に出かけたり・・・

仲間と共に学び&遊び考え、行動する機会を通し

より良い社会の創り手を育くんでいきます

レオクラブ 第1期メンバー募集中!

      2020/1/27

12歳~18歳の子ども達が、体験し、学び、考え、力を合わせながらリーダーシップを養い、より良い社会を担う一員となるための機会を提供するレオクラブ。 

すでにレオクラブジュニアによる活動は始動しており、2/2開催の市主催「エコの島コンテスト」にエントリーし日ごろの活動を発表する予定です。

 

4月の正式設立に向け、現在、第1期メンバーを募集しています! お気軽にお問合せください。

leoclub.miyako@gmail.com
(レオクラブ顧問/大熊まで)



仲良く新春献血初め! 2020_1_24

 

沖縄南部6クラブによる新春合同例会が那覇にて開催されたこの日、宮古から出向いたL新山広明&L安元徹好が、すきま時間を利用して赤十字血液センターへ。 献血車による移動献血ではできない「成分献血※」をふたり仲良く行いました!

 

※全血献血とは異なり、血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法。成分採血は身体への負担も軽く、多くの血漿や血小板を献血できる特長があります。



 

新春交歓会 2020!  2020/1/12

 

今年も会員、レディー20名が集い、新しい年の幕開けを楽しくお祝いしました。

 

ドネーションタイムでは、ひとりひとりが「今年の漢字1字」を紹介しながら、新しい年に寄せる夢や想いを語りました。

 

今年は、宮古で「リジョン大会」が開催される記念すべき年。さらに、宮古初の「レオクラブ結成」、沖縄リジョンによる「ライオンズフェス開催」、「シンガポール国際大会ツァー」等々、例年にも増して、宮古ライオンズクラブにとってエキサイティングな1年になりそうです。

 

★本年もどうぞよろしくお願いします★



第30回 新春親子凧揚げ大会へのご来場、

ありがとうございました! 2020/1/12

 

少し心配な雲行きとともに始まった凧揚げ大会。けれど、凧を手に家族が続々と集まり始めると、雲はどんどん薄くなり、青空すら顔を出す絶好の凧揚げ日和となりました。

 

少々強すぎるくらいの風でしたが、尻尾を長くするなどの工夫が凝らされたせいか、凧は次々に空に上がり、天高く豆粒ほどになって舞う凧も。

 

ぶぅ~という独特の音を鳴らして上がる宮古凧。今は小さな子ども達がやがて大人になったとき、彼らの新春の原風景にはこの音が鳴り響いてるのかもしれない・・と思った第30回の凧揚げ大会でした。 

 

ご来場くださった家族の皆さん、素敵な賞品を提供くださった「宮古青少年の家」のみなさん、ありがとうございました!

←「宮古青少年の家」さんが、子どもたちにと提供くださった、お菓子でできた夢のようなトロフィー&帽子&メダル! ありがとうございました♡



第4回親子宮古凧作り教室、大盛況でした!

2019/12/22

年々作り手の減っている伝統の宮古凧を子ども達に伝えようと、今年も宮古凧作り教室を開催しました。

 

県立青少年の家との初共催となった今年は、14組38名の親子が参加。初めての宮古凧作りに挑戦しました。 

 

枠組みを作り、紐でしばり、紙を貼り・・・親子が力を合わせながらいくつもの工程を経て、最後はいよいよ飛ぶか飛ばないかの命運を分ける糸調整! ここは凧作り名人たちの独壇場で、匠の手にかかりながら、ひとつひとつの凧が無事に仕上がっていきました!

 

最後は出来上がった凧とともに記念撮影!

新年の凧揚げ大会が楽しみです。

 

★第30回 新春親子凧揚げ大会★

令和2年1月12日(日)10時~12時

於: トゥリバー地区 ※参加申込不要

凧をもって会場にお集まりください

※雨天の場合、1/19(日)に延期

お問合せ:☎72-9789



★すべての子ども達が

幸せなクリスマスを過ごせますように★

子ども食堂でシェフ達がボランティア調理! 2019/12/21

これまで、調理師である平戸会長と自店のスタッフで行ってきた、子ども食堂での調理支援。今回は、平戸会長が宮古島調理師会に呼びかけ、島内4名のシェフによるボランティア調理が実現しました!

プロ4名による調理はさすがの手際の良さ!市販のルーにたっぷりの牛スジを加えたカレーはコクがたっぷりの極旨カレーになりました。 

さらに、クリスマスが近いこの日は、飲食業組合宮古支部より子ども達に、クリスマスケーキもふるまわれました!

初めて調理ボランティアを行ったシェフたちは、異口同音に「子ども達の笑顔や、何度もおかわりをする姿に、普段とは違う、調理人としての喜びや感動を味わった」と実感をこめて語ってくださいました。

調理する人も子ども達も、みんなが幸せな気持ちに包まれたクリスマス前の子ども食堂でした。



ことし最後の道路清掃 with ティダっ子達!

2019/12/14

今年の道路清掃の締めくくりは、やっぱりティダっ子学園の子ども達と共に・・・☆

 

直前のクリスマス行事が長引いて少し遅れて到着したティダっ子達。 合流するやいなや、ものすごい勢いでゴミや枯草を拾い集めて、ダッシュでトラックへ。遅刻分を補って余りある、溌溂とした働きっぷりでした!

 

草を刈り、ごみを拾い、サンダンカを剪定した今回の道路清掃。12月とは思えない強い西日が照りつける中、「道路清掃納め」は無事終了しました!



親子で宮古凧を作ろう! 2019/12/5

 

今年も「第4回 親子宮古凧作り教室」を開催します! 今回は県立宮古青少年の家と初めての共催。みなさんのご参加をお待ちしています!

 

◆開催日 12月22日(日)9時~13時

◆会 場 県立宮古青少年の家

◆参加費 1000円(材料代)

◆お申込み 72-8883(青少年の家)☆先着15組



★第30回  新春親子凧揚げ大会★ 

令和2年1月12日(日)10時~12時 於:トゥリバー地区 申込不要。

当日、凧をもって会場にお集まりください!


宮古代表の平和ポスターが日本代表に!

2019/11/30

シカゴにて開催される【第32回平和ポスターコンテスト(ライオンズクラブ国際本部主催)』の国内予備審査で、宮古から出品していた星野真人くん(西辺中1年)の作品が、九州・沖縄地区の最優秀作品に選ばれ、日本代表7作品のひとつとして、米国本審査に進出することが決定しました! 

 

宮古代表の作品が日本代表となるのは2年連続5回目。星野くんは作品にこめたメッセージを次のように語っています。

 

「平和の花から出る種が世界中に広がり
現在起こっている戦争や争いがなくなり
真に平和な世界になることを願っている
このポスターを見て一人でも多くの人に
共感してもらえたら嬉しい」

 

★彼の願いが叶う未来でありますように★



道路清掃 with 地域おこし協力隊&ティダっ子達!          2019/11/30

 

今回の道路清掃には、強力な助っ人として、元気いっぱいのティダっ子学園の子ども達のほか宮古島市エコアイランド推進課より、三上さんと、地域おこし協力隊の大林さんが、ごみ分別収集のリヤカーを引いて参加してくださいました!

 

大人はせっせと草を刈り、子どもは次々に集めてはトラックへ。子ども達が待ち構えているので、おちおち刈る手も休めない、、、と大人からは嬉しいボヤキも聞かれましたが、その甲斐あって、1時間という限られた時間とは思えないくらい、すっきりキレイな歩道が甦りました!

 

清掃修了後、エコアイランド課より、子ども達にはオリジナルエコバッグが、大人たちには宮古島の理想通貨10ミャーク(100円相当)が贈られました!

☆ありがとうございました☆



世界食料デー宮古大会で寄付金贈呈セレモニーを行いました! 2019/11/24

 

飢えのない世界を目指し、寄付金活動や啓発活動を続けるハンガーゼロ 日本国際飢餓対策機構。

 

今年も世界食料デー宮古大会が開催され、寄付活動に積極的な団体のひとつとして、平戸新也会長が寄付金贈呈セレモニーを行いました。

 

大会に先立ち、ハンガーゼロの田村治郎氏が、レオクラブ候補のティダっ子学園の子ども達を対象に、ワークショップを開催。子ども達は、世界の飢餓の実態や、その仕組み、私たちひとりひとりは何を考え、どう行動すべきなのか、を体感的に学びました。

参加した子ども達は、子ども親善大使に任命されました。

 

宮古ライオンズクラブはこれからも

ハンガーゼロの募金活動に積極的に取り組んでいきます!



献血協力呼びかけを行いました!

2019/11/1

宮古での移動献血最終日のこの日、宮古島市役所平良庁舎にて、献血協力の呼びかけを行いました。

 

この日は、保育園の入園希望受付日に当たったことから、小さなお子さんを連れたお母さんがたくさん! 来庁者ひとりひとりにティッシュを配りながら理解と協力を呼びかけました。

 

※途中、取材にいらしていた宮古新報の記者さんからインタビューも!

 

★命を救う献血に ご協力をお願いします★



 ★ レオクラブのモットー ★

 事業を計画し、仲間の意欲を喚起するスキル 

  を身につける

チームワーク協力によって地域社会と世界を

  変革する方法を学ぶ

前向きな人格を身につける

レオクラブ結成に向け、小学生&高校生との

交流ヨット体験&BBQを開催!

2019/10/22

 

快晴のこの日、宮古ライオンズクラブでは、12歳~18歳の青少年組織「レオクラブ」の来年4月発足に向け、対象となる小学生&高校生との初の交流行事「ヨット体験&BBQ」を開催しました!

 

朝9時に集合して大型ヨットに乗船し、その後、1人乗りヨットも体験。BBQ会場に移動後は、子ども達はまずゴミ拾いをして周囲を清掃した後(!)、いよいよBBQ開始!

肉や野菜の調達、自家製タレや備長炭は、焼肉「火神」を経営する平戸会長がチカラを発揮。

焼きそばの麺は安元会計の「ハワイ製麺」が提供くださいました。 美味しい焼肉&焼きそばに大人も子どもも大満足!

 

子ども達は皆、自主・自律的に行動しつつも、仲間達と助け合いながら体験を楽しみ、既にレオクラブメンバーとしての基本資質が出来上がっている様子でした。

宮古ライオンズクラブは、この島初の

レオクラブ結成を目指します!



第25回 中高生絵画コンクール開催!

ーー力作が揃いました! 2019/10/11~13


「風景画部門」「平和ポスター部門」の二部門で今年も開催された中高生絵画コンクール。

 

各学校から寄せられた絵画はいずれも力作ぞろいで、審査会では審査員の先生方も大いに感心していらっしゃいました。

 

今年は、表彰式、展示会ともに、未来創造センター図書館での初開催でしたが、グレーの壁に色とりどりの絵画が鮮やかに映え、来館する多くの人に鑑賞していただけて、描かれた力作達も絵画冥利に尽きたことでしょう。

 

協力くださった学校の先生方、会場を快く提供くださった未来創造センターの皆さん、何より、優れた絵画を描いて応募くださった生徒さんに心より感謝いたします。★ありがとうございました★

入賞作品はコチラ!



ライオンズ世界奉仕デー県下一斉清掃!
ーーティダっ子達と汗を流しました 2019/10/5

 

102年前のこの日、ライオンズクラブが米国で発足して初の大会が開かれたのを記念して、世界各地のライオンズクラブで様々な奉仕活動が行われています。

 

沖縄県では毎年県下一斉道路清掃が実施され、私たち宮古ライオンズクラブは、未来を担う、ティダっ子学園の子ども達15名と共に、道路清掃を行ないました。

 

夏の間にすっかり伸びきった雑草を、かたっぱしから刈り取り、子ども達はそれらをほうきで集め、次々にトラックの荷台へ。小一時間もすると、荷台には草がうずたかく積み上がり、両脇に草の生い茂っていた歩道は見違えるほどこざっぱりしました。

 

生き生きと真剣に作業に取り組む子ども達。そんな姿に触発されて、大人もいつにも増して作業にいそしんだ数時間でした!

★ありがとう!ティダっ子学園の子ども達!★

 



ライオンズ国際財団(LCIF)へ1000ドル献金!

2019/10/3

L羽地義禎とL新山広明が、ライオンズ国際財団へそれぞれ1000ドル(約10万円)の献金を行い、LCIFより記念品として、初の1000ドル献金となるL新山には盾が、7回目の献金となるL羽地にはラペルピンが贈られました!

 

ライオンズ国際財団(LCIF)は、寄贈された基金によってライオンズクラブの奉仕事業をサポートし、交付金を通じて地域社会に希望を与え人々の暮らしを改善することを使命に運営されています。具体的には、災害緊急援助交付金、糖尿病対策交付金、失明予防対策、ライオンズクエスト交付金等、幅広い分野に活かされており、ふたりが寄せた浄財も、世界の誰かを救い幸せにするために役立てられます!

左からL羽地義禎&L新山広明
左からL羽地義禎&L新山広明


子ども食堂支援をおこないました!

2019/9/28

月に1度、子ども達に無料で昼食をふるまう「子ども食堂」。この日も児童館で開催され、会長

L平戸新也が、調理師としての本領を発揮し、

カレー調理支援をおこないました!

 

子ども食堂への支援活動は、去る8月に、東京新橋ライオンズクラブメンバーのL庄司が「宮古島の子ども食堂を支援したい」と、レトルト食品や乾パンの寄贈に宮古を訪れたことから始まりました。

2回目となる今回は、前回と同じ甘口ルーで作るカレーをより美味しく仕上げようと、経営する焼肉店「火神」より味の滲みた牛スジを持参し大鍋に投入! 前回よりコク&旨みの加わったカレーは子ども達に大好評でした! 

 

とはいえ、平戸会長の自己採点は「まだまだ美味しくなる!」とやや辛口。来月の子ども食堂では、さらに美味しさを増したカレーが子ども達にふるまわれることでしょう!

 

また、富士製菓製パンを経営するL上地茂徳からは、メロンパンやコッペパンが提供され、子ども達は大喜びでほおばっていました。

宮古ライオンズクラブは子ども食堂を応援します★



♡病気で頭髪を失った子ども達を笑顔に♡

ヘアドネーションご協力のお願い

2019/9/25

小児がんなどで頭髪を失った子ども達にウィッグを無料提供するための毛髪寄付「ヘアドネーション」を推進していこうと、島内の美容室や個人に向け、広く協力を呼びかける記者会見をクラブ事務局にて行いました。

 

ウィッグ制作に必要な頭髪は31センチ以上。ただし16センチ以上なら、ヘアケア剤開発用等に販売・換金しウィッグ制作に役立てられます。

 

このヘアドネーションを島内の美容室のみなさんに周知するとともに、気軽にご協力いただけるよう、美容室向けに「ヘアドネ―ション協力キット」を作成しました。今後、島内美容室に配布し、協力を呼びかける予定です。

(美容室向け協力キット⇒)

★皆さんの温かいご支援を宜しくお願いいたします★



(左から)宮國実行委員長、平戸会長、安元会計
(左から)宮國実行委員長、平戸会長、安元会計

↑昨年の最優秀作品

 

第25回 中高生絵画コンクールへ多くの作品応募を!           2019/8/30

9月1日から、当クラブ主催「第25回 中高生絵画コンクール」の応募作品受付が始まることから、島内マスコミ3社を招き、クラブ事務局にて広く応募を呼びかける記者会見を行いました。

 

例年100点余りの応募が集まる本コンクール。

「開発が進み、島の姿が大きく変わりつつある今だからこそ、この島の風景をぜひ絵画にしてほしい」と、宮國寿成実行委員長が応募を呼びかけました。

 

【風景画部門】に並ぶ【平和ポスター部門】では、本コンクール上位入賞作品が、ライオンズ国際協会(米国)主催の『国際平和ポスターコンテスト』の九州・沖縄地区代表に2年連続で選出されるなど、宮古の子ども達が目覚ましい活躍を見せています。

 

今年も中高生の皆さんの素晴らしい作品にめぐり合えることを楽しみにしています!

応募要領詳細



道路清掃活動に対し感謝状をいただきました!

2019/8/19

県の「道路ふれあい月間」にあたり、宮古ライオンズクラブが2007年より継続的に行っている道路美化清掃活動に対し、沖縄地方推進協議会 沖縄総合事務局長より感謝状が贈られました!

 

当クラブは、2007年に、県委託の道路清掃事業の道路清掃ボランティア団体に登録。以来、年4回、担当する道路の除草やごみ拾い、植樹や剪定作業を行ってきました。

 

感謝状を受け取った平戸会長は報道陣の質問に対し「先輩方が続けてきた奉仕活動のお蔭でいただいた感謝状。この先もこの奉仕の精神を次世代に繋いでいきたい」と語っていました!

 

★ 宮古ライオンズクラブは島の環境美化に

取り組んでいます ★



   ー教育委員会との連携により開催!ー
教職員向けライフスキル教育ワークショップ!

2019/8/19~23

 

宮古島市教育委員会が主導し、宮古ライオンズクラブが委託を受けて開催する、市内全教職員向けライフスキル教育ワークショップ。

 

2年目を迎えた今年は、市内の小中学校教職員65名が2日間に渡るワークショップに参加し、学力と並行して、生きていくうえで不可欠な「ライフスキル」について、グループワークや発表等を通し、理解を深めました。

 

複数の小・中学校合同によるワークショップでしたが、2日目が終わるころには先生方もすっかり打ち解けた様子で、修了式では、「ライフスキルを高めることに世代は関係ないと気づいた。自分自身のライフスキルを高めながら、新学期以降、子ども達に伝えていきたい」等、充実感がうかがえる感想が数多く聞かれました!

 

ライオンズクエストとは? ライフスキルとは



第41回JC杯少年野球大会に協賛金を贈呈!

2019/8/6

 

『青少年の健全育成』という、私たちと共通の目標を掲げる宮古青年会議所(JC)。JCが主催し開催する「第41回JC杯少年野球大会」の成功を願い、今年も協賛金を贈りました!

 

宮古・八重山の子ども達が、野球を通し成長し、友情を深め、互いを讃え合う、実り多き大会となることを祈念しています。

【大会日程】8月11日(日)、12日(月) 

協賛金を平戸会長からJC佐久川理事長に贈呈
協賛金を平戸会長からJC佐久川理事長に贈呈


家族親睦ヨットクルージング&BBQ!

2019/8/4

 

晴天の日曜日!会員、家族、友人ら約40名が集い、ヨットクルージング&BBQを開催しました!

 

酷暑の陸上を離れ、ひとたび洋上に出れば、心地よい風が吹きぬけて、この日はこのうえないヨット日和! しばし波に揺られて極上のひとときを堪能したあとは、BBQ会場へ・・・!

 

今回は、子ども達にも大いに楽しんでもらおうと、スイカ割りや花火大会を企画。大人はビールと肉で歓談し、子ども達は庭を駆けまわる、楽しい夏の1日になりました!



リジョンチェアパーソン(沖縄代表)&

ゾーンチェアパーソン(沖縄南部代表)による例会訪問!           2019/8/1

 

リジョンチェアパーソンとゾーンチェアパーソンが宮古ライオンズクラブの例会を訪問しました。

 

いつもはクラブ会員として例会に参加するL新山広明が、この日はリジョンチェアパーソンとして例会を”訪問”。ゾーンチェアパーソンL具志保嗣とともにご挨拶をいただきました。

 

L新山広明は、今後推進していく奉仕事業として、「ヘアードネーション」を紹介。小児がんによる放射線治療で頭髪を失った子ども達に希望を与えるための取り組みへの協力を呼び掛けました。

 

 



宮古総合実業高校で今年2回目のクエストワークショップ!     2019/7/25-26

 

宮古総合実業高校で今年2月に開催以来2回目となる、ライフスキル教育「ライオンズクエスト」ワークショップが開催され、再受講者5名を含む10名の先生、さらに、宮古ライオンズクラブから平戸会長が参加しました!

今年7月から、従来の紙の教材に代わって、電子版教材の運用が開始。あわせて、ワークショップ2日間の構成も、基礎編と実践編に再編集され、新生ワークショップの宮古での初開催ともなりました。

今回は、比較的少人数での開催となりましたが、ワークショップ全編を通じ、少人数ならではの、濃密で凝縮したコミュニケーションが図られている様子が印象的でした。

 

受講を終えた参加者からは、「ライフスキルとは何か、その技術の伝え方、学び方について初めて具体的に学べた」「さっそく実践したい」との声が聞かれました!



ライオンズクエストワークショップ 
幼稚園で初開催!   2019/7/22-23

 

ライフスキル教育「ライオンズクエスト」の幼稚園・保育園版ワークショップがみつば幼稚園で開催されました。ライオンズクエストとは

 

過去10年間、宮古島では思春期版ワークショップを中心に開催してきましたが、幼保版の開催は今回が初。同園の園長、事務、教諭6名の他、保護者6名、他園より2名、合計16名が集い、ライフスキルを子ども達にどう伝えどう指導するか、受講者自身が時に子ども達の立場になって、実践的に学びました。

 

これまでの中学・高校でのワークショップとは趣がぐっと異なり、講師も受講者もすべて女性!ぬいぐるみを使って会話するなど、未就学の子ども達が興味をもって学べるよう、様々な工夫がこらされていました。

 

宮古島市教育委員会主催による、市内全教職員のクエスト受講5年計画が進む中での幼稚園での初開催!今回のワークショップ開催をきっかけに、ライフスキル教育の輪が、市内の他の幼稚園・保育園、そして保護者に広がっていくことを願っています!

 



第58回クラブ年次大会

――奉仕のキーは平戸新会長へ 2019/6/19

 

年度を締めくくるクラブ年次大会が、会員、家族、ゲストら26名の参加を得て開催されました。

 

各種表彰、新入会式、ドネーションコーナーと、今年も内容は盛りだくさん!さらに、余興タイムでは、新聞にも掲載された宮古島出身福岡在住のマジシャン川田諒氏が登場し本格的マジックを披露。子どもから大人まで摩訶不思議な世界を堪能しました。

 

そして、大会ハイライトの新旧役員交代式。

2年の会長任期を終え、クラブキーは、現会長L下地隆之から、新会長L平戸新也へしっかり引き継がれました! 年度三役

 

新年度は、沖縄リジョン代表(リジョンチェアパーソン)に、L新山広明が就任し、来年6月のリジョン大会は宮古島開催となります。大会の成功に向け力を合わせることで、宮古ライオンズクラブの結束はますますゆるぎないものになることでしょう! 

下地隆之会長、富山忠彦幹事、川満正人会計、
2年間おつかれさまでした!



後列左L松川富三男、前列左からL識名安信、L山田實紘、国連職員

第65回 337複合地区年次大会 (in那覇)に参加しました!     2019/6/1

 

全九州・沖縄から約700名の会員が一同に集い、盛大に開催された『第65回 337複合地区年次大会』。沖縄で開催されるのは10年に1度という記念すべき大会に、宮古ライオンズクラブからは7名が参加。元・国際会長L山田實紘、大会議長L識名安信らと笑顔で記念写真を撮りました!



献血呼びかけ活動を行いました!

2019/5/24

 

絶え間ない献血による供給を、常に必要とする血液。命を救う献血にひとりでも多くの協力を求めて、宮古島市役所平良庁舎にて、来庁者に対し、献血呼びかけを行いました!

 

この日は5月移動献血の最終日。来庁するひとりひとりに、献血協力を求めるポケットティッシュを配り、協力を呼び掛けたほか、道向かいの北小学校にも出向き、先生方にティッシュを渡し、最終日の献血への協力を仰ぎました。

 

呼びかけの最後は、会員自らも献血車へ赴き、

献血を行いました!

 

尊い命を救う血液は

人工的に作ることはできず

長期保存もきかないため

献血による たゆまぬ供給が必要です。

 

多くの皆さんの献血ご協力をお願いいたします☆



★ティダっ子学園の子ども達とサンダンカ苗の植え付け&道路清掃!    2019/3/28

 

森林組合から支給されたサンダンカ苗の植え付けと道路清掃をティダっ子学園(学童クラブ)の子ども達9名と行いました!

 

子ども達が到着すると、下地隆之会長は一人一人としっかり握手して挨拶。その後、子ども達は、スコップやごみ袋を片手に、たっぷり1時間、

皆で協力しながら苗の植え付けや草取り作業に

精を出しました。

 

子ども達はとても素直で礼儀正しく、ひとつひとつの作業に一生懸命に取り組む姿が清々しく、ライオンズメンバーも子ども達の様子に触発されて、ひときわ活発で爽やかな清掃時間になりました。ティダっ子学園の子ども達、そして大熊園長、ありがとうございました!

 

★宮古ライオンズクラブは青少年の健全育成と島の環境美化に取り組んでいます★

 



L安里高志が宮古離任 ~ありがとうございました!~   2019/3/20

 

3月末に宮古での2年間の任期を終える、L安里高志(沖縄振興開発金融公庫)が、最後の例会ご出席。例会にはほぼ毎回ご出席され、目覚ましい勢いで発展を遂げていく宮古島の現況について、公庫支店長のお立場から、折に触れてお話しくださいました。また、植樹や清掃、親睦行事にも可能な限りご参加くださる等、宮古ライオンズクラブを大いに盛り上げてくださいました。

 

離任のご挨拶では、JTAドーム開業に始まり、下地島空港開港と共に任期を終えるこの2年間は、様々な人との出会いや交流に恵まれ、働きやすい日々であったことを、去りゆく宮古への名残惜しい想いと共に語ってくださいました。   

★2年間ありがとうございました★


稲福所長は、好況に沸く宮古島の現状と課題、今後の展望についてお話しくださいました。

 

★ゲストスピーチ、ありがとうございました★

例会にゲスト2名をお迎えしました!

2019/3/7

3月第1例会は、ティダっ子学園(学童クラブ)

園長の大熊範彦様と、沖縄県宮古島事務所 所長の
稲福具実様をゲストに迎えて開催しました!

 

大熊園長は自園を巣立った子ども達が少年院に入る現実に遭遇し、子ども達を導くよりよい方法はないかと模索するうちにライオンズクエストに出会い、ワークショップを受講。受講後、早速、自園でも実践し、動画と共に本例会にて報告してくださいました。