「親子で作る宮古凧づくり教室」動画を制作、YouTubeに公開しました!             2020/12/20

 

今年は、コロナ感染予防のため、恒例の宮古凧作り教室の開催が叶いませんでしたが、

それならば!と、作り方の解説動画の制作を平戸会長が発案。凧作り名人のL砂川玄栄を指導者に、動画制作エキスパートのL大熊範彦が、撮影、編集を行い、ついに、待望の動画が完成しました!

 

凧作りは工程が細かく、とりわけ最後の糸張りが、凧揚げの成否を分ける難関ですが、全行程をとても分かりやすく解説しています。

 

冬休みは是非、ご家族で凧作りに挑戦していただき、新年1/10に開催される、「第31回新春親子凧揚げ大会」で、大空高く、宮古凧を揚げてほしいですね!          

 昨年の開催風景→




中古眼鏡リサイクルのため

寄付を募っています! 

2020/11/20

 

ライオンズクラブでは、使われなくなった眼鏡を集め、米国のライオンズ眼鏡リサイクルセンターにおいて、洗浄&度数確認を行った後、発展途上国など、眼鏡の入手が困難な人々向けに無料提供を行っています。

 

こうした活動を紹介したところ、宮古島の老舗メガネ店「メガネのとくやま」さんが大量のメガネを寄付してくださいました!

ありがとうございます。

 

もし皆さまのお手元に眠っている眼鏡がありましたら、ぜひ、宮古ライオンズクラブ事務局までお持ちください。



第26回 中高生絵画コンクールが無事終了しました

2020/10/18

 

コロナ禍の中で今年も開催された絵画コンクール。夏休みが短かった影響で参加できない学校もありましたが、6校から47点の応募が寄せられ、厳正な審査を経て、入賞、入選作品が決定し、宮古空港にて表彰式&展示会を行いました。

 

風景画部門の最優秀賞は多良間中学校の桃原司至くん(中3)。表彰式参加のため、多良間島からお母さまと共に、文字通り飛んできてくれました。

 

平和ポスター部門の最優秀賞を受賞した西辺中学校の上原美春さん(中1)は1か月以上かけて絵を仕上げたそうです。

 

空港での開催は今回が初めてでしたが、ふるさとの風景や平和への祈りを描いた宮古島の子ども達の絵が、島内外の多くの人の目に触れる機会となったことをとても嬉しく思っています。

 

作品を寄せてくれた子ども達、協力くださった学校や空港の皆さま、ありがとうございました



世界ライオンズ奉仕デーはレオクラブと道路清掃! 2020/10/10

 

1917年、ライオンズクラブ国際協会の第1回大会がダラスで開催されたことを記念して、毎年、全世界で奉仕が行われる「世界ライオンズ奉仕デー」。

 

沖縄県ではこの日、恒例の県下一斉道路清掃が開催され、宮古ライオンズクラブではレオクラブの子ども達と清掃に汗を流しました。

 

頑張る子ども達の姿を見た、沿道のレオクリニックの院長が、清掃を終えて引き上げる私たちの後を追いかけて、「子ども達にジュースでも」とわざわざ金一封を届けてくださいました。

 

そういえば前回は、通りがかりの女性が人数分のアイスクリームを買って届けてくれました。

一生懸命に善行に励む子ども達の姿は、ひときわ人の胸を打つのかもしれませんね。

 

☆優しいお心遣いありがとうございます☆



美容室に感謝状贈呈! PARTⅡ

2020/9/8

 

昨年10月に、ヘアドネーションへの協力呼びかけをおこなって以来、特に数多くの毛髪寄付に協力してくださった3美容室に出向き、感謝状を贈呈しました。※シュエットさん、プランツさん、パラディーズさん。(グラウンさんには過日贈呈済み)

 

頭髪に悩みを抱える子ども達に何かしてあげたいというドネーターさん達の思いは、ライオンズだけでは届けられず、協力してくだる美容室さんがいてはじめて繋いでいくことができます。

 

美容室さんに直にお目にかかって、私たちの感謝を伝える良い機会となりました。



中高生絵画コンクールに多くの作品応募を!

 2020/8/28

 

『第26回中高生絵画コンクール』の作品応募呼びかけ記者会見を島内マスコミ3社を招きクラブ事務局にておこないました。

 

在宅時間が増えるこんな時期だからこそ、混乱する社会にあって変わらずあり続ける宮古島の風景や、真の平和の意味に想いを馳せ、時間をかけて絵を描き、作品応募をしてほしい、と呼びかけました。

 

記者さんは、コロナ禍でライオンズクラブの奉仕活動がどのような影響を受けているかにも関心を寄せ、絵画コンクールの話題が終わった後のちょっとした雑談にも熱心に聞き入り、最後までペンを走らせていました。

 

宮古テレビの新人記者さんは、会見終了後も残って、平戸会長、宮國実行委員長を個別に単独インタビュー。

 

テレビ、新聞の報道が多くの人の耳目に触れ、たくさんの応募が集まることを願っています。



美容室に感謝状贈呈!

2020/8/21

 

昨年10月にヘアドネーション推進活動を始めて以来、最も多くのドネーションを提供してくださった美容室グラウンさんに感謝状を贈呈しました。

 

昨年10月から今日までに、宮古ライオンズクラブに寄せられたヘアドネーション総数は158件。協力してくださった美容室は24店にのぼります。

 

今回、感謝状を贈呈したグラウンさんは、これまでに28件のヘアドネーションにご協力くださいました。

 

ドネーターさんの善意が、実際の寄付へとつながるのも、美容室さんのごお力添えあってのこと。

 

あらためて、美容室の皆さまに対し、感謝を申し上げます。

 



ヘアドネーション現場の取材を受けました!

2020/8/21

「最近話題のヘアドネーションの取材をしたい」という宮古テレビさんからのご要望を受け、これまで数多くのヘアドネーション実績がある、美容室グラウンさんのご協力のもと、毛髪寄付を希望する小学3年生の木下すみれさんの取材が実現しました。

 

1年生の時に髪を切ったとき、床に落ちた長い髪を見て「もったいないなぁ、何かに使えないのかなぁ」と思ったというすみれさん。お母さんからヘアドネーションの話を聞き、実行を思い立ったとのこと。

 

腰まで伸びた髪を何本かに束ねていよいよカットが始まります。ハサミを入れ、前髪を切り、スタイルを整えるうちに、長かった髪はあっという間に可愛いボブスタイルに。

 

ヘアドネーションを夏休みの自由研究の課題にしようというすみれさん。カット中も美容師にあらかじめ準備した質問をして答えを書き留めるなど、とても熱心な様子。

 

持参してきた手作り資料をみた記者さんは「このままテレビに使える!」と、急きょすみれさんがマイクを握り、カメラの前で、ドネーションの説明をすることに。一度のNGもなくハキハキ話すすみれさんに、大人たちはただただ感心しきりでした。

すみれさん、貴重なヘアドネーションありがとうございます。そして、取材してくださった宮古テレビさん、ご協力くださったご家族の皆さん、グラウンさん、ありがとうございました!



RCをお迎えし初のZOOM例会! 

2020/8/20

今日は初のZoom例会を開催しました。

本来なら各クラブの例会行脚をされるリジョンチェアパーソンL新垣暉文も、今回はリモートにての例会訪問。

 

「コロナで従来の奉仕活動ができない今こそが、学びの時。国際協会のHPの学習素材を活用したり、リモート研修を行う等、未来に良い奉仕活動を行うためのウォーミングアップの機会としたい」

 

「物流が滞った時に備え、沖縄内で救援物資を調達し合える奉仕体制の確立」など、今と未来を見据えたお話をしてくださいました。     →

一部に画面の不具合があったり、途中、愛犬が闖入したり、と「ならでは」の珍事を織り交ぜながら、第1回目のzoom例会が無事終了しました。



ヘアドネーションを届けてくれました!

2020/8/17

小学2年生の池田茉白さんが、お母さんと一緒にヘアドネーションを届けにクラブ事務局に来てくれました。

 

茉白さんは、ヘアドネーションを夏休みの自由研究の課題にしたいそうで、髪の毛と共に、ライオンズクラブへの質問も準備して用意周到!

去年の9月から今年の6月までに、宮古島で148件ものドネーションが寄せられたことを話すと少し驚いた表情を見せていました。

 

お母さんがヘアドネーションしたことから寄付を思い立った茉白さん。茉白さんがヘアドネーションすることを知って、髪の毛を伸ばし始めたお友達もいるそうです。

 

善意の輪はこんな風に世代を超えて広がっているんですね。

茉白さん、大切な髪の毛の寄付をありがとうございました!※写真の掲載は許可をいただいています。



子ども用視力検査キットを贈呈&子ども達に検査を行いました!     2020/7/15

 

光の園保育園を訪問し、大勢の子ども達が見守る中、「子ども向け弱視検査キット」を寄贈しました。

 

寄贈の後は、園長先生と保育士さんが、実際に子ども達に対し検査を実施。

 

ぞう組、うさぎ組、パンダ組、りす組があるこちらの保育園では、「ドーナツ食べたのだ~れ?」の代わりに、「食いしん坊なのは何組さん?」と先生が質問。すると、子ども達は輪っかが空いたところに描かれた動物を見て、大きな声で「〇〇組さーん!」と返事。

「視力検査」を大いに楽しんでいました。

 

この様子は島内マスコミ3社が取材したほか、昨日の園長会議に参加した園のスタッフも見学に来られていました。

 

今後、宮古ライオンズクラブは、島内すべての保育園、そして幼稚園やこども園でも、このキットが活用され、子どもの弱視の早期発見と治療につながるよう、支援を行っていきます。




子ども用弱視検査キットを園長会議で紹介!

2020/7/14

保育園の園長会議で時間をいただき、「子ども向け弱視検査キット」の紹介をしました。

 

6歳までの治療で回復が可能な子どもの弱視ですが、早期発見が難しく、義務とされている保育園での検査も実施が確実にされていないのが実情です。

 

園長会議では、L. 新山広明が、弱視の現状を説明するとともに、遊び感覚で視力検査ができるキットを実際に示して紹介。

 

引き続いて、L. 平百合香が市議会議員の立場から、市における現状と今後の行政への働きかけについて話しました。

 

園長先生方は、弱視の実情に驚くとともに、紹介した検査キットに強い関心を示され、レンタルもしくは購入を含め、自園での使用にとても前向きなご様子でした。



レオクラブと合同清掃!

2020/7/11

 

5月にコロナにより実施できなかった清掃の振り替えで道路清掃を行いました。

 

炎天下ながら、子ども達はてきぱきと草を刈り、剪定し、ゴミを集め、オトナ達を圧倒するほど大きな力を発揮。

 

そんな子ども達の姿を見た通行人の方が、人数分のアイスクリームと飲み物を差し入れてくれました。

 

新調したばかりのレオクラブの黄色いベスト。

鮮やかなベストを着て掃除する子ども達の姿が、通りかかる人の胸に刻まれて、「道路を美しく、島を美しく」というみんなの思いが、多くの人に伝わり広がっていくといいですね。



宮古新報社にて、(右から)洌鎌会長、久貝常務と。
宮古新報社にて、(右から)洌鎌会長、久貝常務と。

マスコミ表敬訪問!      2020/7/7

新年度を迎え、日ごろお世話になっているマスコミ3社(宮古毎日新聞、宮古新報、宮古テレビ)を訪問し、あらためてご挨拶するとともに、クラブの概況や、本年度の奉仕活動について説明を行いました。

 

私たちの活動が多くの人の目に触れ、奉仕の輪を広げていけるのも、取材し、報道してくださるマスコミの皆さんあってのこと。

★本年度もどうぞよろしくお願いいたします★



新年度スタートはゲストと共に!

2020/7/2

 

新年度1回目の例会は、東京三鷹LCのL林秀行をお迎えして開催しました。

 

東京330-A地区では、進藤義夫ガバナーのもと、会員が他クラブを訪問することで、交流しながらライオンズを学び、人材育成につなげる「ご意見伺い隊」を発足させ、新年度から活動を開始するそうですが、L.林秀行は、その先陣を切って、はるばる宮古LCに訪問くださいました。

 

共通の目的を持ちながらも、クラブによってさまざまな個性を放つライオンズクラブ。 例会訪問を通して林ライオンが気づかれたこと、自クラブとのちょっとした差異などをお聞きするにつけ、宮古LCの個性を再認識するとともに、他クラブへの興味が俄然、湧いてきました。

 

来年も来島されるという林ライオン。

これからも末長くよろしくお願いいたします。

そして、ご訪問ありがとうございました!

 

※L新山広明が受賞した前年度リーダシップアワードの記念バッジがようやくアメリカから届き、本例会にて伝達授与されました。



感謝と希望に満ちたクラブ年次大会でした!

    2020/6/17

今年は、開催できたこと、皆が集まれたことそれ

だけで、とても嬉しく有り難い大会でしたが、

3月に正式発足したばかりのレオクラブ三役がゲスト参加したほか、永年在籍3名の表彰、地区からのヘアドネーション感謝状、MJF個人1000ドル献金表彰等、もりだくさんの内容となりました。

 

L新山広明にとっては、沖縄リジョンチェアパーソン(RC)という重責を果たして迎える年度末。最後のスピーチでは、1年間の回顧とともにクラブへの感謝が熱く語られ、万感のこもった深いお辞儀と、そんなRCに対して平戸会長が贈った、RCとしての活躍を讃える言葉がとても感動的でした。

 

レオクラブ結成報告では、初代会長の平戸凰雅くんが未来への希望を立派にスピーチ。屋所まさとくんは海外での学習・奉仕活動の夢を語りました。

 

レオクラブ、ヘアドネーション、子ども食堂など、新しい取り組みを果たした今年度。

平戸新也会長が語ったとおり、今年撒いた種が、新しい年度に、どんな芽を出し、どんな花や実をつけていくのか、とても楽しみです!

※次年度も三役は変わりません



宮古病院にマスク4000枚を寄贈!

2020/5/12

沖縄リジョンで調達したマスク3万枚を沖縄県下の病院に順次寄贈しています。

 

今日は、リジョンチェアパーソンL新山広明が、宮古ライオンズクラブ三役とともに、宮古病院に赴き、マスクの贈呈式を行いました。

 

感染者が確認されない状況で持ちこたえている宮古島。最前線で備え続ける医療従事者の皆さんに感謝しつつ、これからも、奉仕団体としてできる支援があれば、いつでも協力させてくださいとお伝えしました。



持ち帰り子ども食堂、継続開催中!

2020/5/11

休校の延長に伴い、給食がなくて困る子ども達のために、子ども食堂を延長して実施しています。

 

●5月11日(月)14日(木)19日(火)

●12時から13時30分ごろまで

●会場:琉球王国さんご家

 

平戸会長のもとには、個人や農家、これまで全く取引のない業者さんからも野菜やルー、肉や牛乳、卵など、さまざまな支援が届いているそうです。 

ひとりの善意が、多くの人の心に、次々に善意の灯をともしていく。。。

こんな時だからこそ目にすることができた素敵な光景ですね。

 

※コロナ下での子ども食堂の取り組みがWEB版ライオン誌に掲載されました。     



ライオンズクラブ地区ガバナーより感謝状が届きました!       2020/4/23

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、地区(鹿児島&沖縄)年次大会は開催されませんでしたが、地区ガバナーから、嬉しい感謝状が2通届きました。

 

会員みんなが集い、喜び合える日が待たれます。

 

 

 

 

 

 

******************

 

 

上)ヘアドネーションの取り組みに対し

 

 

 

 

 

 

下)ライオンズ国際財団(LCIF)への会員ひと

りあたり100ドル献金実行に対し



「子ども食堂」は大賑わいでした!
                2020/4/17

新聞報道から一夜明けた今日の「子ども食堂」は、カレーを受け取りに来る子ども達で大賑わい!スタッフたちは大忙し!

ごはんが足らなくなって、大急ぎで補充する一幕もありました。

子ども達はソーシャルディスタンスを守って列に並び、リジョンチェアパーソンL新山広明は今日も店頭に立ちました。

新聞報道やFBで取り組みを知ったL砂川勝信は、
感謝&感激の支援金を届けに来てくれました。

そして!みんなが困ったときに参上するのはタイガーマスク! たくさんのカレールーを子ども達にと贈ってくれました♡

今日もたくさんの笑顔と善意が集った「子ども食堂」でした。



今年度のアワードが届きました! 2020/4/16

 

年間を通しクラブや会員個人が行った奉仕活動に対し、贈られるライオンズアワード。宮古ライオンズクラブは本年度、下記のアワードを受賞しました!

 

【個人】

①L新山広明 リーダーシップアワード(2年連続!)

②L平戸新也 会員増強特別賞

 

【クラブ】

①アクティビティ特別優秀クラブ賞

②ホームページ特別優秀クラブ賞

③PR特別優秀クラブ賞

④グッドスタンディング賞

⑤ヘアドネーション実施クラブ賞

⑥LCIFキャンペーン$100達成クラブ賞



「テイクアウト専用子ども食堂」が新聞に掲載されました!          2020/4/16

 

平戸会長が、営業自粛中の自らの居酒屋店舗を会場にして開催している「子ども食堂」の記事が、宮古毎日新聞、宮古新報に掲載されました。

 

コロナ関連の記事が並ぶ紙面にあって、

ひときわ美しい希望の光を放っているように

感じられました。

 

必要とする多くの人に届いてほしいです。



テイクアウト専用の子ども食堂開催!

2020/4/14

困難な時こそのライオンズ!

調理師で、飲食店を経営する会長L平戸新也が、

新型コロナウイルスの影響で休業となった、自身の居酒屋店舗で、テイクアウト専用の子ども食堂を開催しました。

 

初日の今日は約90名の親子連れたちが訪れ、

150食を配布。

 

自らが困難な時にあって、さらに困難な状況にある人に手を差し伸べようとする平戸会長。その思いに打たれたリジョンチェアパーソンL新山広明は、店頭に立って、親子連れや子ども達を店内に案内し、感謝の意をこめて平戸会長に寄付金を贈りました。

 

宮古ライオンズクラブはこれからも、ひとりの会員の想いをみんなが応援し、支援の輪を大きくして、困っている人に届ける奉仕団体であり続けます。 

 

アララガマ!

逆境にこそ真価を発揮する宮古島、

宮古ライオンズクラブです。 



今年も寄付金を贈りました!

2020/4/9

世界から飢餓をなくすための取り組み、「ハンガーゼロ」。今年も、会員事業所での募金活動で集まった募金を、日本国際飢餓対策機構に送金しました。

 

世界の飢餓人口は8億人。

大地の恵みが、地球上に生きる人すべての口を公平に満たせるような、公正な社会システムが生まれるまでの支援として、これからも募金活動を続けていきます!



ヘアドネーションが続々と集まっています!

2020/4/15

昨年10月に島内の各美容室に、ヘアドネーションへの協力を呼びかけましたが、以降、現在までに80を超える毛髪寄付が寄せられています。

 

子ども達からのドネーションも多く、美容室さんから毛髪を受け取るたびに、「悲しんでいる人を助けたい、つらい思いをしている人の力になりたい」という思いは普遍的であることを実感します。

毛髪を失った子ども達に笑顔が戻るよう、これからもご支援をお願いします!



手洗いマイスターL平戸新也が手洗い指導!

2020/4/2

 

新型コロナウィルス感染対策は正しい手洗いから!・・・ということで、「手洗いマイスター」会長L平戸新也が、4月第1例会で会員向けに手洗い指導を行いました。

 

指導の前に、まずは皆さん我流で手洗い。

その後、汚れ落ちチェックを行いました。

念入りに洗ったにもかかわらず、ブラックライトにかざすと、ほとんど落ちていない現実に愕然!

 

洗ったつもりが洗えていない現実を知った後は

平戸会長による手洗い教室。

 

「お願いのポーズ」に始まって、「カメさん」、「おやま」、「オオカミ」・・・と覚えやすいキーワードをたどりながら、正しい手の洗い方をマスターしました!

 

← 洗うからにはカンペキに!

オトナにもうれしい、平戸会長オススメの

子ども向け手洗い指導動画です。



”THE LIONs DANCE TONIGHT!"

ファンキーフラミンゴで例会開催!2020/2/5

 

6月に宮古で開催される沖縄リジョン大会の2次会会場の下見を兼ね、2月第1例会は、オールディーズのライブステージが楽しめるファンキーフラミンゴで開催しました!

 

楽しく飲んで、熱く語って、無邪気に踊る・・・

ダンスフロアは40代~80代のファンキーライオンでいっぱいに!

 

汗をかいて子どものように踊りながら、ライオンさん達の脳裏には、6月に島外から訪れる仲間たちを楽しませる青写真がくっきり描けたファンキーフラミンゴナイトでした!



レオクラブが『エコの島大賞』受賞!!!

2020/2/2

4月正式発足に向けて活動を開始している「レオクラブ」が、宮古島市主催の「エコの島コンテスト」に出場。環境問題、食糧問題など、世界が共に解決しようとする課題SDGsを意識した取り組みが評価され、『エコの島大賞』『青少年SDGs実践賞』を受賞しました!!!

 

子ども達は、マイクをタスキのようにつなぎながら、映像と共に活動内容を発表。 宮古島を、世界をもっと美しい場所にするために行っている自分たちの活動の様子を集まった聴衆に説明しました。

 

大賞発表の瞬間、子ども達は歓声をあげて大喜び! プレゼンターからは賞状・副賞と共に「子ども達がSDGsについて学び行動する姿に感動した」という言葉が贈られました。

おめでとう!レオクラブ!



↑レオクラブはこんな活動をします!↑

ボランティア活動のほか、BBQやキャンプ、
沖縄本島や本土に出かけたり・・・

仲間と共に学び&遊び考え、行動する機会を通し

より良い社会の創り手を育くんでいきます

レオクラブ 第1期メンバー募集中!

      2020/1/27

12歳~18歳の子ども達が、体験し、学び、考え、力を合わせながらリーダーシップを養い、より良い社会を担う一員となるための機会を提供するレオクラブ。 

すでにレオクラブジュニアによる活動は始動しており、2/2開催の市主催「エコの島コンテスト」にエントリーし日ごろの活動を発表する予定です。

 

4月の正式設立に向け、現在、第1期メンバーを募集しています! お気軽にお問合せください。

leoclub.miyako@gmail.com
(レオクラブ顧問/大熊まで)



仲良く新春献血初め! 2020_1_24

 

沖縄南部6クラブによる新春合同例会が那覇にて開催されたこの日、宮古から出向いたL新山広明&L安元徹好が、すきま時間を利用して赤十字血液センターへ。 献血車による移動献血ではできない「成分献血※」をふたり仲良く行いました!

 

※全血献血とは異なり、血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法。成分採血は身体への負担も軽く、多くの血漿や血小板を献血できる特長があります。



 

新春交歓会 2020!  2020/1/12

 

今年も会員、レディー20名が集い、新しい年の幕開けを楽しくお祝いしました。

 

ドネーションタイムでは、ひとりひとりが「今年の漢字1字」を紹介しながら、新しい年に寄せる夢や想いを語りました。

 

今年は、宮古で「リジョン大会」が開催される記念すべき年。さらに、宮古初の「レオクラブ結成」、沖縄リジョンによる「ライオンズフェス開催」、「シンガポール国際大会ツァー」等々、例年にも増して、宮古ライオンズクラブにとってエキサイティングな1年になりそうです。

 

★本年もどうぞよろしくお願いします★



第30回 新春親子凧揚げ大会へのご来場、

ありがとうございました! 2020/1/12

 

少し心配な雲行きとともに始まった凧揚げ大会。けれど、凧を手に家族が続々と集まり始めると、雲はどんどん薄くなり、青空すら顔を出す絶好の凧揚げ日和となりました。

 

少々強すぎるくらいの風でしたが、尻尾を長くするなどの工夫が凝らされたせいか、凧は次々に空に上がり、天高く豆粒ほどになって舞う凧も。

 

ぶぅ~という独特の音を鳴らして上がる宮古凧。今は小さな子ども達がやがて大人になったとき、彼らの新春の原風景にはこの音が鳴り響いてるのかもしれない・・と思った第30回の凧揚げ大会でした。 

 

ご来場くださった家族の皆さん、素敵な賞品を提供くださった「宮古青少年の家」のみなさん、ありがとうございました!

←「宮古青少年の家」さんが、子どもたちにと提供くださった、お菓子でできた夢のようなトロフィー&帽子&メダル! ありがとうございました♡



第4回親子宮古凧作り教室、大盛況でした!

2019/12/22

年々作り手の減っている伝統の宮古凧を子ども達に伝えようと、今年も宮古凧作り教室を開催しました。

 

県立青少年の家との初共催となった今年は、14組38名の親子が参加。初めての宮古凧作りに挑戦しました。 

 

枠組みを作り、紐でしばり、紙を貼り・・・親子が力を合わせながらいくつもの工程を経て、最後はいよいよ飛ぶか飛ばないかの命運を分ける糸調整! ここは凧作り名人たちの独壇場で、匠の手にかかりながら、ひとつひとつの凧が無事に仕上がっていきました!

 

最後は出来上がった凧とともに記念撮影!

新年の凧揚げ大会が楽しみです。

 

★第30回 新春親子凧揚げ大会★

令和2年1月12日(日)10時~12時

於: トゥリバー地区 ※参加申込不要

凧をもって会場にお集まりください

※雨天の場合、1/19(日)に延期

お問合せ:☎72-9789



★すべての子ども達が

幸せなクリスマスを過ごせますように★

子ども食堂でシェフ達がボランティア調理! 2019/12/21

これまで、調理師である平戸会長と自店のスタッフで行ってきた、子ども食堂での調理支援。今回は、平戸会長が宮古島調理師会に呼びかけ、島内4名のシェフによるボランティア調理が実現しました!

プロ4名による調理はさすがの手際の良さ!市販のルーにたっぷりの牛スジを加えたカレーはコクがたっぷりの極旨カレーになりました。 

さらに、クリスマスが近いこの日は、飲食業組合宮古支部より子ども達に、クリスマスケーキもふるまわれました!

初めて調理ボランティアを行ったシェフたちは、異口同音に「子ども達の笑顔や、何度もおかわりをする姿に、普段とは違う、調理人としての喜びや感動を味わった」と実感をこめて語ってくださいました。

調理する人も子ども達も、みんなが幸せな気持ちに包まれたクリスマス前の子ども食堂でした。